1年振りに麻雀やりました。
麻雀の勝ち点をエクセルにして
チャートを作ってみました(笑

麻雀

8連勝後、トンボ出現、プラスマイナスゼロ
トンボは相場転換の合図

その後、絵に描いたように大陰線出現(笑

大陰線の半値64.8点
誤差0点で叩かれる(笑

半分というのはちょうど良い
数字なんですね(笑

面白いです。


追伸

この後です。

麻雀


やはり上ヒゲの後に負ける。

大陰線の半値の位置が64点で同じなのが笑えます。


みなさん、こんにちは♪ アンディです♪

ブログ開設13日目ですが、
為替ブログランキング7237人中、2位まで来ました。
1位との差、17ポチ差です。

何度も言いますが、これは皆様の応援のお陰です。
私の力ではありません。100%皆様のお力です。

良い物だけを書いて行きたいと思います。

今後とも応援、よろしくお願いします。

今日は相場の基礎知識という事で
難しいと思われる一目均衡表の各線
について書きたいと思います。

一目均衡表は難しい!

線が複雑だ!と思ってる方!

今から書くことを参考にして
一目均衡表を見て頂けたら幸いです。

理に適った素晴らしい
テクニカル指標です。

皆様と共に学んで行きたいと
思います。

一目均衡表の線は遅行線以外
すべて高値安値の半値になります。

この「★半値」に意味があります。

転換線、9日間の高値安値の半値。
基準線、26日の高値安値の半値。
雲先行スパン1、転換線+基準線の半値。
雲先行スパン2、52日間の高値安値の半値。

一目均衡表の各線とは?

過去の高値安値の平均値。
普通の人ならこのように答えると思います。
正解ですが、これから一目均衡表を使い
為替で利益を出そうと思ってる方なら不正解です。

為替は内部要因、売り方、買い方の
取組高・売買内訳が分かりません。

この半値で内部要因を見るしかない。

この半値とは、先行スパン2なら
過去52日間の半値、半値戻りの水準、
売買勢力の分岐点なのです。

この半値を分岐点として
過去(先行スパン2なら52本)に売買した
これから下がると判断して売った人。
これから上がると判断して買った人。
売り方、買い方、今現在どちらが勝ってるか?
今現在どちらが有利かを表した線になるのです。

これはドル円と逆相関(逆の動き)する
金相場が、去年の7月15日、今日と
同じ水準3346円から暴落した時の
取組高・売買内訳と日足一目均衡表です。

◎東京金先物 取組高・売買内訳 08/07/15 19:20

08/07/15日現在
----------売買内訳---------- --自己玉-- -店じり-
新規売 転売 新規買 買戻 自己売 自己買 総取組高 片建玉 売店 買店
合計 30247 55272 54679 30840 117243 15288 163045 122404 11 42

基準線とは?2+1

縦線が7月15日になります。

黄色が転換線。赤が基準線。
銀色が先行スパン1。
金色が先行スパン2。

取組高・売買内訳を見るより
一目均衡表を見た方が相場が
分かる事が多いです。


チャートはポンド円、一時間足リアルタイムです。

ポンド円1時間足


チャートはポンド円、5分足リアルタイムです。

ポンド円5分足11252

ポンド円5分足112533

赤まるRCIの収束が見事です。