スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★必見★今週のドル円はココで買います!

みなさん、こんにちは、アンディです。

今日はドル円の記事を書きたいと思います。

ドル円、ポンド円、ユーロ円は

1時間足を見ると難しい相場なのが分かります。

昨日書きましたポンド円の時間足の動きとまったく同じです。

早いペースで上昇が続いた為に

値段と時間の均衡が取れていません。

こんな時は先行本数26の雲(通常の一目均衡表の雲)

に注目しています。

先行本数26の雲は26本先にある事により、

急落後、暴騰後の騙しを回避してくれる事が多いです。

26本先にある雲にローソク足(値段)が来ると

値段と時間の均衡が取れるわけです。

チャートはドル円日足リアルタイムです。

20120415ドル円日足

先行本数26の雲(通常の一目均衡表の雲)

は白線になります。

陽転中の日足雲下限先行スパン2は

80.09になります。

ここで一度は止まると思います。

レンジ相場からトレンド相場への転換は

先行スパン2で買われ、遅行線上抜けになります。

遅行線上抜け後、先行スパン2で買うのが

確率が高いという事になります。

今回は日足は持合いではないので

遅行線とローソク足の距離があります。

確率が高い売買ではありません。

売買は慎重に行きましょう。

みなさんの売買の参考になれば幸いです。

この記事は売買を勧めるものではありません。

その理由を検証してみましょう。

2012-04-15  雑談(サブ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。