スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★神様の手落ち。絵と相場と。



みなさん、こんにちは、アンディです。

フェイスブックで面白いものを見つけました。

人生と経営に役立つ名言・格言・いい言葉

成功は危険だ。自分の成功をコピーしはじめてしまう。そして
自分の成功をコピーするのは、他人の成功のコピーよりもっと危険だ。
それは「創造性の不妊」を招いてしまう。(パブロ・ピカソ)


「相場の張り方」鏑木繁著から

■神様の手落ち

相場師であり、脳神経の高名な医者の話を聞いてなるほどと思った。
この先生のおっしゃるには
『大きな相場を取ったあとは、必ず損をする。なんと10年とこの繰り返しで
あった』とのこと。

先生は専門的にこのことを研究された。
それは脳細胞によるものであると解明された。
人間の大脳、小脳についての学術的説明は聞いていても判らない。

判った事は、先生が『神様が人間をつくる時に手落ちみたいなものが
あって、これによって、逆説的に言えば人類の今日があり、
また繁栄があったのではないか』ということ。

神様の手落ちとは、例えば下げ相場で大儲けしてくる。
続いてほかの相場に手を出しても、脳細胞にインプットされた前回の
下げ相場が、意識以外のところで働いている。

従って本間宗久伝にある「儲かっても、損してもしばらく休め」
ということは、脳細胞の“磁気”のようなものを消し去る期間が
必要だということ。

脳医学の先生の話を聞いていて、少し違うことを考えていた。
それは人間の有掛7年、無掛5年のサイクルや、十干十二支の循環である。
幸運、不運。一栄一楽。陰陽の展開。あるいは日々のバイオリズム。

これらは、有頂天になると、スッテンテンになる相場世界の仕組みが、
先生に言わせると“神様の手落ち”脳細胞の仕組みというふうに解明
されるわけだが、それによって資源も冨も分配され、人類が生存できたわけで、
人間が完全であれば、人類は、とうの昔に亡んでいたと思う。

話が横道にそれてしまったが、脳細胞にインプットされたデータが
意識外のところではたらくということは、「パニックの理論」とか、
「パニックの構造」という本を読むと判らんでもない。

これは生物の本能というべきものであろうか。
ただ相場の場合、半年あるいは一年という期間を強気、あるいは弱気
で当たり続ける。

そして先生のように、次に手を出す相場に、それが悪い影響をもたらす。



画家とトレーダーはまったく違う仕事です。

絵を書く事とトレードする事はまったく違う事です。

しかし、良い物には必ず強い意思があると思います。

描きたい事があるはずです。

下書きを間違えたから、消さないでこのまま書く。

これでは良い絵は書けないと思います。

仕事でもトレードでも何でも同じだと思います。


トレードもここは少し甘いけど、エントリーしてみるか。

これで良い結果が出てしまう時があるので相場は難しいのです。

いつまで経っても上達しないのです。

上手く行った分だけ上達の時間が遅れてしまいます。


このパターンしか入らないと決めておけば

上手く行かない時のパターンが分かるようになります。

これが一番重要だと思います。


具体的な例としては

①金融緩和など材料で相場が動いている時
直近高値、直近安値で止まらない。
少し割れて戻すを繰り返す。
小石崩れの足型。
雲上限まで下げずに上昇。

②暴騰暴落後の相場
50%で止まらず38.2%で止まる事が多い。
ローソク足節値一本で止まらない。
横にズレていく。

③値位置より変わる
テクニカル指標は
上げはじめと後半では使い方が変わる。
ゴールデンクロスで買いの時と売りの時がある。

などいろんな事が分かってきます。


成功、大勝ちの経験が自分をダメにする。

聖杯は状況変化が分かるもの。

聖杯は状況変化が分かるまで続けてみる。

という事だと思うのですが、

みなさんはどう思いますか?


あの売買手法がどうのこうの。

あの売買手法の勝率は低い。

など言っているうちは

一生負け組のままです。


自分の感覚になるまで

続ける事に意味があります。

感覚が分かると続ける事が

楽しくなってきます。

諦めずに続けて行きましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。