スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★必見★豪ドル円の売買ポイントはココです。罫線の面白い見方を紹介!今日はナッキーさんが家に来ます(笑




みなさん、こんにちは、アンディです。

今日は午後からナッキーさんが来てくれます。

24インチモニターを10台に増やします(笑

10台横に並べます(笑

大型の机を4台用意しました。

どんな感じになるのか?

楽しみです(笑


9日金曜日に書きました

豪ドル円の記事をご覧下さい。

 ★必見★豪ドル円要注意!

11月7日東京半値83.68、

11月6日東京半値83.35で

売りと書きましたが届きませんでした。


売り目線だった理由は

チャートは豪ドル円東京時間足リアルタイムです。

20121111ポンド円東京時間足②

①遅行線の高値=③現在の高値

が②直近安値とほぼ一致しました。

赤線先行スパン2を50%にして

上下対象になっています。

赤線先行スパン2近辺まで

下げると読めます。


この理論が分かりますか?

分からない方はメールにて

質問お待ちしております。

奥が深くて面白いところになります。

アンディのDVDをご覧頂くと分かると思います。


次の売買ポイントは

赤線先行スパン2という事になります。


買いのパターンは

20121111ポンド円東京時間足③

黒線のように動いた時になります。

売りのパターンは

20121111ポンド円東京時間足④

赤線のように動いた時になります。


半値線と遅行線のこの理論、

素晴らしいと思うのですが、

みなさん、理解出来ますでしょうか?

必ず理解して下さい。

一目均衡表の凄さが分かります。


売りと買い、現在どちらが有利なのか?

手に取るように分かります。


24時間足では買いのパターンになっています。

20121111ポンド円24時間足

これが東京時間足なのがポイントになります。

その理由は後日書きたいと思います。


一時間足雲は現在陰転中になります。

買い有利ですが、買いは一時間足雲が陽転した後の

5分足雲が陽転の半値トレード陽転陽転パターンになります。

今週も一週間頑張って行きましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。