スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★人生、アナログの勧め。アナログは面白い!(笑

みなさん、こんにちは、アンディです。

最近、釣りが好きで仕方ないアンディです(笑

俳優の山村 聰さんが書いた「釣りひとり」が

面白くて良く読んでいます。

 思い出の釣り、春の墓場沼

この釣り日記とか最高です。

今は天国に居る方が書いた日記がこんなに面白いのが不思議な感じがして、
今生きている自分の人生は何なのか?と思いました。

何が違うのだろうか?と考えると釣りの世界はアナログなんですよね。
アナログだから楽しいし、思い出が深くなると思いました。

「13才の時に先輩と2人で布佐駅から徒歩で
無量寺沼に行った思い出が忘れられません。
片道10キロ以上あると思います。
1980年12月28日だったと思います。

我孫子駅発、成田行きの始発5時20分の
電車に乗り布佐駅まで行きました。

重い釣り道具を背負い利根川沿いを歩きました。
歩いても歩いても着きません。

釣り雑誌に載っている地図を頼りに歩きました。
真冬なのに汗だくになっていました。

無量寺沼に着きました。

何と池がガチガチに凍っていました。
その氷が厚いなんてもんじゃない(笑
釣りどころではありません。
来ていた釣り人全員オデコです。

それでも楽しかったです。
無量寺沼は今はありません。」


そんな少年時代の思い出があります。
この頃、本当に楽しかったです。

今の方がいろんな遊びを知っているのに、
この頃の楽しさに勝るものがないのです。

人が心の中で求めているものは

そんなに変わらないのかも知れません。

30年振りに釣りを再開しましたが、
楽しくて仕方ない(笑

超アナログに竹竿を使い釣りをしています。
時代に逆行しています。

車もハンドメイド、キャブレターエンジンの
車に乗っています。

毎日乗りますが、何度乗っても飽きません。
飽きるどころか好きになって行きます。

カジノ遊びも楽しいですが、記憶に深く残る
思い出にはなりません。

何か見返りを求めるよりも、何も求めない方が
記憶に深く残るから不思議です。


この部分は見えないものを探す。という

相場の世界にも通じるものがあるように思います。


チームアンディで年間利益1000万円以上出している人の
検証ファイルを見ると確信が持てます。

例外なく全員、検証がアナログです。

チャートをプリントして、その時のパターンを分類して
移動平均線、ボリンジャーバンド、雲、遅行線の動きを
書き込みしています。

複雑なものは何もありません。

人間はこうやって手で作業して行かなと
記憶に残らないのかも知れません。


便利な時代で自動売買などで
利益が出せるようになりました。

一緒にEAを開発していた仲間が

勝率だけなら世界一のEAを作る事が出来る。
と言っていました。

私を入れて3人で開発していましたが、

他の2人はクリック証券トレードアイランド
総合1位になっています。

その後に負けたそうです。


勝てるようになる事



勝ち続けるようになる事

は違います。


アナログに生きる。

この部分に大きなヒントがあるように思います。

人のゆく裏に道あり花の山とは

この事かと思うようになりました。

アナログの楽しさ。

楽しさが分かると継続出来るから不思議です。


時代に逆行して、アナログに生きてみませんか?(笑

便利過ぎて、どうなのか?と思うのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。