スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★完全先出し予測、罫線に見る、抵抗線、支持線、上昇フラッグ

みなさん、こんにちは、アンディです。

日刊工業新聞で連載された「罫線に見る」を

ご紹介したいと思います。


罫線に見るは相場会社のディーリング部が

テクニカル分析を使い完全先出しで

日刊工業新聞で相場予測をするという企画です。

良く当たりました。

縦線が新聞紙面で予測した日になります。

検証してみて下さい。


テクニカル分析を使いどんな感じで相場を予測するのか?

参考になると思います。


抵抗線、支持線はいったん突破されると、
その性質を逆転することはよく知られている。

つまり、抵抗線は突破されれば今度は支持線として働き、
逆に支持線は突破されることにより抵抗線へと役割を転換させる。

図は東京トウモロコシ先限の週足チャートである。

支持線として働いていたA線が7月第一週に突破され、
現在は逆に抵抗線として機能しているのがよく分かる。

チャート・パターン的には、昨年秋から今年初夏にかけて
上昇フラッグ(A線・B線に挟まれた部分)を形成している。

トレンドと逆の傾きを持つフラッグは、最も信頼できる
継続パターンの一つであり、

現在下降トレンドの中にある東京トウモロコシにおいては、
引き続き下落基調にあることを示している。

トレンドの転換が確認できるまでは売り優先で対処したい。

20121231罫線に見る、抵抗線、支持線、上昇フラッグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。