★完全先出し予測、罫線に見る、移動平均線の先読みとストキャティクスの逆行

みなさん、こんにちは、アンディです。

日刊工業新聞で連載された「罫線に見る」を

ご紹介したいと思います。


罫線に見るは相場会社のディーリング部が

テクニカル分析を使い完全先出しで

日刊工業新聞で相場予測をするという企画です。

良く当たりました。

縦線が新聞紙面で予測した日になります。

検証してみて下さい。


テクニカル分析を使いどんな感じで相場を予測するのか?

参考になると思います。


5万㌧強の在庫をかかえ、その重みに耐えかねて
世界一安い値段を形成した。

しかし、安値が需要を喚起するという経済原則が働いて、

消費国(日本)から消費国(中国)への
荷物の移動が行われている。

各種の短期使用にも明るい兆しが見え始めている。

グラフの上段は日足と移動平均線。

最近の堅調を反映して短期の6日線は既に上昇中、
下がりつつあった中期の12日線も停止から上昇傾向にあり、
ミニ・ゴールデンクロスは時間の問題となっている。

さらに、下段のストキャスティクスも上昇を暗示している。

今回は、5月初旬から下旬にかけての下降波の形成時と同時に、

価格が安いにもかかわらず%Dの転換点の位置が高いという
逆行現象が出ており、この上昇暗示は信頼してもよいと判断する。

在庫の減少が背景にある今、押し目買い一貫で対処したいところ。

20000705MAとストキャティクスの逆行