スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★逆境の中に希望がある。

みなさん、こんにちは、アンディです。

最近、年のせいか自分はあとどれくらい

生きられるのだろうか?

など考えます。

写真の中の母は、いつも笑っています。

人生は一度しかない。

人生は短いのでしょう。

今より不景気な時代というと、

1999年デフレ陰の極の時代です。

今の不景気とは違い、本当に危険な状態と言われました。

12年前1999年7月の週刊ダイヤモンド、

樋口 廣太郎さんのインタビュー記事です。

オンリーワン (1)

オンリーワン001 (2)

オンリーワン001 (3)

逆境を生きた人は先見の明があります。

「この不況もおそらくそう長くは続かない・・・。」

いつも前向きで可能性を信じる姿は、

かつての日本人がみな備えていた特質だった。


インターネットが普及し、

いろんな情報が手に入ります。

相場の世界に19年間居ますが、

昔は1億円儲けたなんて人がたくさん居ました。

手数料が1割の時代です。

何が変わったのでしょうか?

こんな時代だからこそ、

原点に返る事が大事だと思います。

人生は一度しかない。

人生は短い。

道を開くのは、

ベターなものを作るのではなく、

自分にベストを尽くし、自分独自のものを作る。

遠回りに見える地味な作業の連続。

これが一番だと信じています。

【サブカテゴリ:千の風になって】
2011-07-29  雑談  | コメント(3)

コメントの投稿

非公開コメント

>自分にベストを尽くし、自分独自のものを作る。
逆境に弱い自分には、丁度よいタイミングでの
記事でした。
自分にベストを尽くす! ですね。

>遠回りに見える地味な作業の連続。
>これが一番だと信じています。
近道ばかり探して、結局迷子になってばっかりです。
人生学ばせていただいてますv-91
ありがとうございます。

樋口さんのおかげで僕はスーパードライを飲めるんですね^^
樋口さんも成功哲学を学ばれたのだと思います。
「逆境の中にはそれ(逆境)と同等かそれ以上の成功の種子がかくされている」   ナポレオン・ヒル
ちょっと憎たらしいのが、「隠されている」なんですよ。
逆境をどう捉え、「成功に繋げていく」かはその人次第だって事なんですね^^
僕もアンデイさんのおけげで相場と戦っていける術を手に入れる事ができました。
世の中に自分は一人だけ。
人生の最後に、「もういいわ~、これ以上やる事無い!!」と言って終わる人生にします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。