スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京時間始値が東京時間高値になるパターン

2014年1月20日(元の記事の日付)

1月15日東京半値104.27、今日1月20日東京時間始値104.25
ta_image
2014年1月20日 (画像アップロード日)

東京時間始値が東京時間高値になるパターン。強い節値として意識される。東京時間足は陰線だが、上げている時間が長く、この動きをロンドン勢はつぶしに来る基本パターンと見る事が出来る。


ta_image
2014年1月20日 (画像アップロード日)

1月20日東京時間始値、東京時間高値104.25が強い節値として意識されている(メルマガ参照)その後、ロンドン時間に入り誤差0銭で売られている。



ta_image
2014年1月22日 (画像アップロード日)

その次の日、1月21日のパターン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。