スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はらみ線の東京半値は相場転換サイン

2014年5月12日(元の記事の日付)

5月6日東京時間足が確定する前、14時37分に送信したメルマガです。

今日の東京時間足は

5月5日下ヒゲ陰線の東京半値102.04を
中心に動くはらみ線になりそうです。

はらみ線の東京半値は売買勢力分岐点として機能する事が多いです。

今日17時に確定する5月6日の東京時間足がはらみ線になると面白いです。
ロンドン、NY時間に入ってからのはらみ線の東京半値タッチに注目したいと思います。

と書きました。

その後、17時に確定する5月6日の東京時間足がはらみ線になりました。5月6日はらみ線の東京半値102.06誤差0銭で売られました。


はらみ線は大陽線の次の日、大陰線の次の日に良く出現します。

はらみ線とは前日の東京時間足の高値から安値の間に
当日の東京時間足の高値から安値が入る形を言います。


大陰線が出現、投資家は迷いがあります。

どちらに行ったら良いの分からない状態、
高値安値を越えずはらみ線(小動き)になる。


大陽線出現後は買い方が有利、その次の日の
はらみ線の東京半値(売買勢力分岐点)で
勝負が決まる事が考えられる。

買い方は勝負を決めたい。

大陰線出現後は売り方が有利、その次の日の
はらみ線の東京半値(売買勢力分岐点)で
勝負が決まる事が考えられる。

売り方は勝負を決めたい。

大陽線出現後のはらみ線の東京半値=買い方有利な三角持合いの先端
大陰線出現後のはらみ線の東京半値=売り方有利な三角持合いの先端
と言えると思います。

ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)

ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)

5月6日東京時間足が確定する前、14時37分に送信したメルマガです。


ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)

17時に確定する5月6日の東京時間足がはらみ線になり、はらみ線の東京半値102.06誤差0銭で売られる。



ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)

17時に確定する5月6日の東京時間足がはらみ線になり、はらみ線の東京半値102.06誤差0銭で売られる。


ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)

2014年4月14日のパターンです。NY時間に入り急落した相場が、はらみ線の東京半値101.54でV字型に買われています。


ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)

ta_image
2014年5月12日 (画像アップロード日)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。