スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★日経新聞一面記事と相場1★

今日からシリーズで新聞一面記事と相場の値動きの関係を
検証していきたいと思います。

新聞一面に相場の記事が載るのは珍しい事です。

その時の新聞記事と相場の値動きを検証すると
面白い事が分かります。

今日はドル円が79円を付けた
1995年4月の新聞記事です。

ドル円の史上最高値は1995年4月19日の
79円75銭です。

4月19日に金相場は当時の史上最安値
1グラム1022円まで下げました。

チャートは東京金日足とドル円日足です。

1995年4月19日ドル円79円75銭、金1022円

縦線が1995年4月19日です。

1995年4月11日スポーツ報知一面

1995年4月11日スポーツ報知一面

4月11日、金価格1056円

1995年5月8日日本証券新聞一面

1995年5月8日日本証券新聞一面

5月8日、金価格1046円

1995年4月25日、26日、27日、28日、
日本経済新聞5分間投資サロン。


4回に亘り19年振りの安値にある金投資を紹介しています。

5分間投資サロン1

5分間投資サロン2

5分間投資サロン3

5分間投資サロン4

記者が相場観を語る内容は一字一句ありません。

チャートは東京金週足とドル円週足です。

1995年4月19日ドル円79円75銭、金1022円(週足)

日本経新新聞で記者が相場観を語る時は遅い事が多い。

天井の事が多い。

スポーツ新聞一面記事は買い。


スポーツ新聞一面記事、雑誌の表紙は買いの事が多いです。

相場は人気投票という事でしょうか(笑

日本経新新聞と相場の関係は面白いです。

次の記事で紹介したいと思います。

参考資料

1999年7月17日週刊ダイヤモンド、金特集。

1999年7月17日週間ダイヤモンド、金特集

金の史上最安値は1999年9月16日836円。

2008年12月14日に見た東証スパイダーゴールドの広告(笑

2008年12月14日電車スパイダーゴールド広告

年末のクリスマス需要もあり、金は2週間で200円上昇。

人の行く裏に道あり花の山。と言います。
相場は前半と後半で主役が変わる。

状況は変わる。最後まで熱くなると
痛い目に遭うという事なのでしょう。


コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。