スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★私のオリジナルトレンドラインの引き方2

みなさん、こんにちは、アンディです。

トレンドラインだけが自分の手で引けるものです。
雲、MA、ローソク足、オシレーターはパソコンがやってくれます。

という事はトレンドラインの引き方で差が出るように思います。

今日はトレンドラインと移動平均線についての検証です。

トレンドはフレンドという言葉の通り、トレンドラインは重要です。
しかし、ひとつだけ欠点があるように思います。

トレンドが出来るまではトレンドラインは機能しない。
トレンドラインはエリオット第三波動後に綺麗に機能する事が多いです。

トレンドが出来る前は線である移動平均線を見た方が、
相場の強弱が分かるような気がします。

その克服の仕方として移動平均線が束になったところに
トレンドラインを合わせる。

それが雲のねじれと一致すれば確率はかなり高くなります。

損切りはブレイクした値段か、
ドル円ならその5銭上、ポンド円なら15銭上でOKです。

チャートはポンド円一時間足です。みなさんも試してみて下さい。

トレンドライン2-1

トレンドライン2-2

トレンドライン2-3

コメントの投稿

非公開コメント

HIROさんへ

基準線と転換線が重なってデットクロスすると勝率が高い売買手法がある。基準線、転換線だと半値線なので、長大陰線でないと出ない。

移動平均の方が仕掛けやすいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。